サッカースパイクのオーダーに関する基本情報

スパイク1

足の形は人によって様々です。サッカーをする際にはサッカースパイクが必要になりますが、既製品のモデルでは足に合わないと言うこともよくあります。特に、足の長さはちょうどなのに横幅が狭すぎてきついという場合や、逆に横幅はフィットするがそのサイズだと指がきついという場合が多いです。
そういった場合は、サッカースパイクのオーダーをすることで解決できます。現在は、多くのメーカーでサッカースパイクのオーダーメイドサービスを行っており、自分の足にぴったりとフィットするサッカースパイクを手に入れることが出来るのです。
基本情報として、オーダーメイドはゼロから全てを作るということは余りありません。基本となるシューズモデルを選び、アッパーやアウトソールといった部分に使用するグラウンドや選手のプレイスタイルに合った素材を追加していくという形式になっていることが多いです。
手順としては、まず基本となるモデルを選びます。サッカースパイクは、選手のプレイスタイルに合わせた特性を持っていたり、形状が特徴的なものが多いので、この時点で自分に合うスパイクを選んでおきましょう。続いてスタッドを選びます。これは、固定式か取り替え式かに分かれますが、天然芝のみで練習や試合を行うなら取り替え式を、土や人工芝でプレイするなら固定式を選ぶと良いでしょう。
メーカーによっては、ここで実際に足型を計測し、足に合った成形を行う完全オーダーもあります。この際は、足長や足幅だけでなく、指の長さや土踏まずの部位などを左右別々に計測し、完璧にフィットするサッカースパイクを作成することが出来ます。
続いて、アッパー部のデザインを決めます。ここは多くのカラーを選んで組み合わせられるので、チームカラーやユニフォームとマッチする色を選べば引き締まります。シューレースの色も選べるので、全体的なコーディネートを考えて決めましょう。
最後にサイズを決めます。実際に足型を計測していない場合は、まず足長のサイズを選びます。ここは実際に履いている靴のサイズを選びます。オーダーが既製品と違うのは、足幅を選べると言うことです。既製品では足長のサイズによって足幅が決まっていますが、オーダーメイドでは大きい足長のサイズに細い足幅を合わせるといったことが可能なのです。
また、各国の国旗やエンブレムなどをあしらったバッジなどのデザインを追加したり、自分の名前やチーム名の刺繍を入れることも可能です。豆知識として覚えておくと良いでしょう。
これでオーダーは完了です。世界に一つしか無いデザインであり、足にぴったりとフィットするサッカースパイクを手に入れることが出来るのです。

No Comments, Be The First!

Your email address will not be published.

CAPTCHA