サッカースパイクのお手入れに関する基本情報と豆知識

スパイクブラシ

サッカースパイクは消耗が激しく、お手入れを怠っているとすぐに傷んでしまいます。
サッカースパイクは、大きく分けて天然皮革と人工皮革のどちらかの素材を使っています。どちらの素材を使っているかによって、お手入れの仕方も変わってくるのです。どちらの素材でも、シューズクリーナーとブラシ、そしてシューズクリームを使うということが基本情報として挙げられます。
天然皮革の場合は、ほとんどがカンガルー革です。カンガルー革は人工皮革と比べて扱いが難しく、お手入れも手間が掛かります。基本的に水洗いはしないということを念頭に置いておくことが必要です。
まず、汗で湿っていたり、雨で濡れてしまった場合は靴紐とインソールを外して陰干しし、よく乾かします。汚れがひどい場合は、陰干しする前に水を含んだ布で丁寧に汚れをすり落としておきます。
乾いたら、アッパーの汚れをシューズクリーナーで落とし、さらにソールの汚れを落とします。ブラシを使ってスタッドの間を丁寧に磨き、アッパーとソールの境目の汚れもしっかり落とします。そして、ソール以外の部分に全体的にシューズクリームを塗り込むことで革の柔らかさを保ち、よく足に馴染むようになります。
注意点として、サッカースパイクのお手入れによく使われるミンクオイルは、カンガルー革の場合はあまり向いていないのです。これは、ミンクオイルにはロウが含まれているため、通気性が悪化してしまうためです。豆知識として覚えておきましょう。
人工皮革の場合は、カンガルー革ほどお手入れに気を遣う必要はありませんが、それでも定期的にお手入れすることがプレイの向上に繋がります。
濡れているようなら陰干しして乾燥させ、ソールの汚れを落とします。アッパー部分の汚れはシューズクリーナーを使うと簡単に落とすことが出来ます。汚れが落ちたらシューズクリーナーをしっかり拭き取って、シューズクリームでサッカースパイクに柔軟性とつやを与えます。最後にシューズクリームを柔らかい布で拭き取れば完了です。
天然皮革と人工皮革のどちらの素材を使っていても、サッカースパイクは徐々に劣化していきます。傷が付いてきたがまだ買い換えるほどではないという場合は、シューズ用瞬間接着剤を使えば補修を行うことが出来ます。ソールのつま先やかかと部分がはがれてきたり、縫い糸がほつれかけているときには非常に有効な手段です。
また、カラークリームは、色が落ちてきた場合や細かな傷が出来た場合に簡単に修復することが出来る便利な道具です。
サッカースパイクは、お手入れを丁寧に行うことで長持ちさせることが可能なのです。

No Comments, Be The First!

Your email address will not be published.

CAPTCHA